衛星測位アプリケーションにおける
EU−アジア間の産業協力を促進

アジアに於けるガリレオ

その巨大さから、アジア市場はあらゆる製品やサービスにおいて高い重要性があり、世界市場での成功の鍵となります。世界の民間GNSS標準として位置づけされているガリレオは例外ではありません。特に、アジア経済は主に以下の理由で欧州のGNSSに戦略的な関心があります。

特に、複数のGNSSにより提供されるので、特有な領域を表します。

GNSS.asiaによりカバーされる地域はGNSS下流機器の製造の中心です。

これらの経済は、GNSSにおける巨大市場を保有するチップセットの本拠地です。

GNSSの高親和性と巨大な成長率で市場への近さを特徴付けています。

以下の数値は世界で見えるサテライトナビゲーションの平均数を示し、GNSS.asiaによってカバーされている地域は、高いGNSSの集中により突出しています。専用のGNSSとナビゲーションシステムにより、その展開は世界その他の地域よりも早いスタートが計画されています。

  Visible satellites

計画された衛星ネットワーク全域で見える衛星の平均値(Dempster & Rizos, 2009)

21世紀最初の10年間、中国やGNSS.asiaによりカバーされている地域はさらなる世界のワークベンチに変わってきています。この傾向の理由は多数ありますが、グローバリゼーション、安価な労働力、これらの国での技術力の向上と関係している主な要因があります。これに追加の要因として、日本、韓国、中国、台湾、インドは、家庭用電化製品の生産やますます普及するエンジニアリングの中心地として確立してきています。これに基づき、特定の種類の家庭用電化製品が代表とされるように、GNSSの下流装置がトレンドになると信じている故です。よってGNSS.asiaによりカバーされている地域はGNSS下流装置の製造に重要な役割を果たしています。

同じような考えが、チップセットにも普及しており、GNSSにおける巨大市場に仕えるために生産されています。また、その地域はGNSS.asiaによりカバーされており、一番になる見込みです。その理由の背景に日本、韓国のユーザーは“携帯電話中毒”と考えられています。この地域では、テキスト、チャット、Email、動画や音楽のストリーミングなどあらゆる種類のアプリケーションのために過度に携帯電話を使用する習慣があります。特に、市場のサイズ、イノベーション親善、GNSS巨大市場を仕えるため、地域で生産しているチップセットの会社が多くある事実から、そんなに明確なビジョンを持たなくても、GNSSアプリケーションがこの地域での初めての主要な本格展開の推測ができます。以下の数値は携帯電話のGNSS浸透の予想を示し、異なった市場との予想を比較しています。

Mobile Phone penetration

 携帯電話における市場別GNSS進出 (情報源: GSA’s GNSS Market Report)

特に、世界その他の地域で取り入れた展開で相乗効果を求めているものにとって、この地域の大きさと成長率また、GNSSとの一体感は先にもあげたとおり市場の鍵となります。

アジアにおける欧州のGNSSの大きな関連性は欧州のサテライトナビゲーションコンペティションにおいて多数の貢献がアジア経済から始まっているという事実から明らかです。例えば、台湾はコンテストに長年、積極的に参加しています。

 

 

GNSS.asia is funded by the European Union within Horizon 2020, the EU Framework Programme for Research and Innovation, under grant agreement no 641615.