衛星測位アプリケーションにおける
EU−アジア間の産業協力を促進

Opportunity & partnering

全地球と地域衛星測位システム同様、航空用衛星航法補強システムの出現は衛星測位における国際協力の必要性をさらに強化しています。

国際的なGNSSの協力は、政策、技術、サービス提供のレベルで実施されています。国際的GNSSの協力の主な議題は以下の通りです。

互換性:これは、GNSSシステムが、個々のサービスや信号に干渉することなく、一緒にまたは別に使用できることを意味し、非軍事的(および非政府組織)はそれらの信号に悪影響を与えずに、妨害することができます。
相互運用:ひとつのサービスや信号に単独で依存することにより達成するよりも、ユーザーによりよい機能を提供するために併用するGNSSシステムの能力を言っています。
民生サービス提供における透明性を促進するための協力
産業への市場アクセスを確保するための協力
害を及ぼす干渉を見つけ、軽減するための国際的な活動
欧州GNSSの開発は国際協力に大きく関連しています。他のGNSSプロバイダーとの互換性や相互運用に向けての努力に加え、国際協力は世界的にガリレオやEGNOSの取り込みの発展に焦点をあてています。多くを議論しているうちに、いくつかの二国間GNSS協力協定が実施されています。

先にあげた問題を除いて、EUは積極的に標準化、リサーチ、ガリレオアプリケーション、SBASやEGNOS拡張、安全保障、貿易問題に関するGNSS協力を求めています。

全地球衛星測位システムに関する国際委員会(ICG)は、国際GNSS協力活動を促進するために2005年に結成されました。

 

GNSS.asia is funded by the European Union within Horizon 2020, the EU Framework Programme for Research and Innovation, under grant agreement no 641615.