衛星測位アプリケーションにおける
EU−アジア間の産業協力を促進

Agriculture

EGNOSとガリレオ衛星測位システムを使うことにより、農家はより効率がよくなり化学肥料の使用を削減し、作物の収穫量が増えます。衛星信号の正確性、アベイラビリティー、信頼性、継続性を高めることにより、EGNOSやガリレオは精密農業を取り入れる壁をとりのぞきます。

                                 

改善されたEGNOSの正確性は、農家でも使用されます。いわゆるヴァリアブル・レート・アプリケーション(VRA)精密農業に使われる手腕です。VRAはGNSSセンサー、空中画像やその他の情報管理ツールの使用を必要とし、最適な除草剤投与量、肥料の必要条件、その他の投入を決定し、農家の支出を防ぎ、環境への影響を削減したり作物収穫量の増加をもたらします。VRAで農家は、現場作業における投入量を現場で観測された変動に調整します。例えば、雑草のみがある個所は、除草剤が扱われます。

フィールドファクト(http://www.fieldfact.com/Home/tabid/562/Default.aspx)でのリサーチで、FP7プロジェクトは、EGNOSとガリレオが他のアプリケーションでも精密農業に使用できることを発見しています。

  • トラクターの指導と指導実施
  • 変動耕作、播種、散布
  • 機械除草
  • 牛の出生検出
  • バーチャルフェンシング
  • 土地区画認識と地理トレーサビリティー
  • 収穫後受取り
  • 家畜の監視追跡
  • 現場計測
  • 現場境界地図作成と更新

GNSSや特にガリレオやEGNOSの使用は農業における大量のアプリケーションで非常に役に立つことが明らかです。

 

GNSS.asia is funded by the European Union within Horizon 2020, the EU Framework Programme for Research and Innovation, under grant agreement no 641615.