衛星測位アプリケーションにおける
EU−アジア間の産業協力を促進

Aviation

航空は、世界中で入手することができ、全フライトのフェーズを通し同一の質のナビゲーションを可能にしているので、サテライトナビゲーション信号から大きな利益を得ることができます。

 

伝統的に、航空は、着陸のオペレーションにILS(計器着陸装置)のような空港近くにある高価な地上無線航法装置に頼っています。EGNOSは生命の安全にかかわるアプリケーション用の高信頼サービス(SoLサービス)により着陸時の安全性確保という航空業界のニーズに応えられるようにデザインされています。

このサービスは受信機により送られる位置が特定の境界線内にあることを保証し、異常の際、6秒以内にパイロットへ送信される警告メッセージのあるインテグリティ機能が含まれます。それゆえ、ナビゲーションの途中で使用することができ、ILS機器のない空港で、IFR(計器飛行方式)のようなオペレーションを可能にさせます。

接近角を最小限にし、よりよい横方向の誘導をすることにより、EGNOSは空港のキャパシティーを拡大し、高価な地上航行援助施設の導入を回避します。

航空機は大陸間をまたぐ飛行の際でもこの技術に頼ることができます。アメリカのWAAS、日本のMSASや近日公開のインドのGAGANのような他の航空用衛星航法補強システム(SBAS)でEGNOSは完全な相互運用が可能になります。2010年に輸送された90000GNSSユニットで、相対的な小さなサイズにもかかわらず、航空セクターはヨーロッパのプライベートセクター全体に大幅な生産性の影響を及ぼしています。

 

GNSS.asia is funded by the European Union within Horizon 2020, the EU Framework Programme for Research and Innovation, under grant agreement no 641615.