衛星測位アプリケーションにおける
EU−アジア間の産業協力を促進

Why GALILEO

ガリレオは欧州唯一の測位衛星システムになります。

Galileo IOV satellite
ガリレオIOV衛星(写真提供:ESA  -  P.Carril)

GPS(アメリカ)やGLONASS(ロシア)、日本や中国により開発された他の地域のシステムは軍事管理下の軍事システムであり、確かに市民サービスが提供されておりますが、例えば紛争の場合必要に応じてサービスが中断されたり、精度が落とされる可能性があります。

ヨーロッパの独立性はここから大きく進歩することが主な理由です。しかし、GPSGLONASSとの相互運用が可能になることにより、ガリレオはまた、非常に現実的な方法で新システムである全地球航法衛星システム(GNSS)の新たな礎となります。ガリレオは今後、民間管理下になり、現在のGNSSシステム以上の衛星の全搭載でガリレオは今日の衛星を遮る高層ビルが立ち並ぶ都市でさえも正確に位置を測定することができます。

ガリレオは信号の追跡や取得をより容易にし、また妨害や反射に耐久性のある信号強調を提供します。欧州のGNSSは、アメリカやロシアのシステムよりも正確で信頼性のあるサービスを供給します。これによりガリレオEGNOSは全く新しく実質的に無限の信頼性のある重要なサービス、アプリケーションやビジネスチャンス幅を可能にします。

さらに、ガリレオGNSS信号の包括的な可用性とカバレッジを向上させます。衛星の位置と傾きのおかげで、ガリレオは他のシステムよりも高緯度でよりよいカバレッジを実現します。

そしてGALILEOでヨーロッパや世界は、現在可能なものよりもはるかに充実した範囲で衛星ナビゲーションにより提供される機会を活用することができます。その結果、ヨーロッパや地球のGNSS受信、機器製造業者、アプリケーションプロバイダー、サービスオペレーターは新たなビジネスのチャンスから恩恵を受けます。

ガリレオの要点:精度、可用性、範囲

精度:ガリレオと他のGNSS信号の使用を組み合わせることにより、ユーザーが利用可能な衛星の数値が高いほど、より高い精度を提供します。ほとんどの位置で、6~8基のガリレオ衛星を見ることができ、GPS信号との組合せで数センチ以内まで位置を測定できます。

可用性:多数の衛星で、地平線に低い衛星から信号を遮る高層ビルが立ち並ぶ都市での信号の可用性を改善します。

範囲:ガリレオは、衛星の位置と傾きのおかげで高緯度においてGPSよりもより広い範囲をカバーします。

 

GNSS.asia is funded by the European Union within Horizon 2020, the EU Framework Programme for Research and Innovation, under grant agreement no 641615.