衛星測位アプリケーションにおける
EU−アジア間の産業協力を促進

Road transport

道路輸送の高度道路交通システムは、全地球衛星測位システム市場の二番目に重要なセグメントであり、売上高のほぼ半分を占めます。年間60%以上の成長と価格の下落で、道路セクターにおけるGNSS消費市場は実際に過去5年で急成長を遂げています。ナビゲーション機器を搭載する車とともに未だに急速に成長しており、現在の市場3分の1から2020年にはほぼ90%に移ります。

                            

道路輸送におけるGNSSアプリケーションはカーナビゲーションを超えるものをカバーします。例えば、道路使用者はGNSSに基づく自動料金収受システムにて請求され、道路施設がさらに効果的に使われ、交通や環境影響を削減します。トラック、バス、タクシーなどを即時に位置付けることにより、車両管理や物流はまた、ガリレオが今日や明日のEGNOSにもたらす正確さから利益を得ることができます。資源を最大限に利用するのに役に立ち、車両管理を向上させ、時間や燃料消費を削減します。

さらに、革新的なアプリケーションが開発されています。例えば、e-callプログラムは、GNSS測位を活用し、事故後、遠隔で車の位置を見つける緊急サービスを可能にする車載の自動緊急電話システムを実施させます。事故復元や盗難防止システムのような他の新たなアプリケーションが出現する可能性もあります。

信号の改良により、ガリレオは道路輸送アプリケーションの膨大な改善に貢献をするでしょう。

 

GNSS.asia is funded by the European Union within Horizon 2020, the EU Framework Programme for Research and Innovation, under grant agreement no 641615.