衛星測位アプリケーションにおける
EU−アジア間の産業協力を促進

Maritime transport

海運や内陸水路のセクターは、自然にGNSSサービスをすでに利用しており、とりわけトラック制御、船から船への調整コンテナ船、港進入路とナビゲーション、船から海岸への調整、海岸から船への管理、災難軽減などのサービスがあります。世界中の50,000以上の船とEU内陸水路の15,000のボートで、GPSと組み合わせたEGNOSとガリレオは、より正確で利用できることからさらに安全で効果的なナビゲーションを提供することができます。

                                           

ガリレオの捜索救助(SAR)サービスはまた、漁師や船員の安全のために鍵となるサービスです。現在、救難の状況で、緊急サービスにより位置される救難ビーコンを得るのに数時間は必要になります。将来、ガリレオSARサービスで作動された救難信号を見つけ、ほぼ即時に的確な救済ボディーを通知することができます。さらに、救難信号が受信され、救助が向かっていることを被災者へ通知するため、返信メッセージが救難信号へ送られます。このような状況において、欧州委員会はコスパス・サーサット組織により認識されているガリレオSARを得るのに主体となっています。

 

GNSS.asia is funded by the European Union within Horizon 2020, the EU Framework Programme for Research and Innovation, under grant agreement no 641615.