Subscribe to our newsletter

「サメの餌食」作戦 – 捜索救難機能のフィールド試験成功

19 / 10 / 2019
「サメの餌食」作戦 – 捜索救難機能のフィールド試験成功
European News

3分32秒、これはオステンドに新設された先進的なベルギー海難救助調整センター(MRCC)司令が海からの遭難信号に応答するのに要した時間です。ベルギーの高速救助艇ORKA R6が、「遭難者役として志願した」オーストラリアのアナウンサーで探検家でもあるTara Fosterを救助するために派遣されました。その後、「負傷した」タラは、NH90ケイマン捜索救難ヘリコプターで、病院まで移送されました。この一連の救助活動は、複数のメディアを介して一般に公開されていました。

この「サメの餌食」作戦は、ガリレオ捜索救難(SAR)構想の素晴らしい有効性と重要性とを際立たせました。毎年、MRCCはさまざまなタイプの約450件の事件に直面しています。Galileo SARの導入によって可能になった救難活動の迅速化は、無数の人命を救える可能性があります。Cospas-Sarsat –衛星を活用した世界的な捜索救難システム–は、設立以来、世界で4万5千人もの人々に生き延びる機会を与えて来ました。

年末までに、ガリレオはリターンリンクサービス(RLS:返答回線)も提供します。この種の最初のサービスは、受信した救難信号に基づいて出発した救助隊が間もなく到着することを遭難者に連絡するものです。このような安心させる言葉は、救助を待ち侘びている人々のストレスを緩和して心理的負担を軽くするために極めて重要であると考えられています。

更なる詳細は・・・

Other news
10 / 01 / 2020
欧州宇宙週間2019 ヘルシンキにて無事終了
READ MORE
Event News
23 / 04 / 2019
ミュンヘン衛星航法サミットにおける欧印GNSS.asia ラウンドテーブル
READ MORE
Event News
27 / 03 / 2019
第4回日欧GNSS官民ラウンドテーブル開催
READ MORE
European News
09 / 03 / 2019
ガリレオが新しい4機の衛星を打ち上げ
READ MORE