Subscribe to our newsletter

ガリレオが新しい4機の衛星を打ち上げ

01 / 10 / 2018
ガリレオが新しい4機の衛星を打ち上げ
Galileo Launch

10年前、欧州航法衛星庁 (GSA)は、30機(24機+予備6機)からなるガリレオ衛星のコンステレーションの計画を作成しました。その目的は、画期的な測位と時刻を提供するナビゲーションシステムを完全操業することです。7月25日水曜日に、欧州連合は4機の打ち上げによりその目標に近づきました。

At 11:25AM グリニッジ標準時に、アリアン5ロケットの99回目の打ち上げで4機のガリレオ衛星が宇宙に打ち上げられました。2段階目のロケットが、23、24、25、26機目のガリレオ衛星を所定の軌道に展開しました。この展開は、12月に打ち上げされた他の4機のガリレオ衛星も稼動させました。2019年2月までには、水曜日に打ち上げられた4機を含む22機の衛星が稼動します。それまでは、完成状態までただ2機が不足しているだけです。次の打ち上げは2020年を予定しています。

全ての新しい電話と現在ガリレオの信号が受信可能な電話を所持している人は誰でも、ユーザー指向のサービスの便益を受けることができます。このシステムは、ロシアのGLONASS や米国のGPSと異なりユニークです。ガリレオは、民間主体で、より正確で信号の認証が可能です。前述の2つのシステムから独立しているだけではなく、この無料の公共サービスはまた、相互運用性もあります。このように、ガリレオの進化した測位、時刻とナビゲーション性能のユーザーは、可能な限り最も包括的で正確なサービスを享受することができます。

打ち上げの動画はこちら here.

画像: ESA / CNES / Arianespace / Optique Video du CSG

Other news
Event News
23 / 04 / 2019
ミュンヘン衛星航法サミットにおける欧印GNSS.asia ラウンドテーブル
READ MORE
Event News
27 / 03 / 2019
第4回日欧GNSS官民ラウンドテーブル開催
READ MORE
European News
09 / 03 / 2019
ガリレオが新しい4機の衛星を打ち上げ
READ MORE
EU-Japan News
01 / 02 / 2019
日EU経済連携協定(EPA)発効
READ MORE