Subscribe to our newsletter

測位演算前のガリレオの測定値を活用するオンラインハッカソン

09 / 04 / 2020
測位演算前のガリレオの測定値を活用するオンラインハッカソン

コロナウイルスのパンデミックは、様々な業務が停滞に陥り、世界中で数多くのイベントのキャンセルにつながっています。しかし、ノッティンガム大学と欧州GNSS機関(GSA)によるRaw Galileoチャレンジの開催を止めることはできませんでした。このイベントは、週末の3月21日と22日に行われた24時間のオンラインハッカソンでした。この大会は、FLAMINGOプロジェクトの一環として行われました。このプロジェクトは、高精度な測位を大衆市場に提供することを目的とした取り組みです。

参加者は、提案された2つの課題のうちの1つに対応するソリューションの開発に挑戦します。FLAMINGOナビゲーション・チャレンジは、ガリレオとFLAMINGOの両方の可能性をフルに活用して、Androidモバイルシステム用の既存のアプリケーションを改善したり、新しいアプリケーションを作成したりするソリューションの開発に焦点を当てました。同時に、2つ目のトラックであるFLAMINGO Verified Location Challengeでは、GNSSの生の測定値を使用するためのナビゲーション以外のオプションを調査し、独自のテストシステムを開発することを目標としました。

挑戦に関わらず、参加者にはFLAMINGO APIへのアクセス権が与えられ、通常はプロのレシーバーを使用した場合にのみ利用可能なデータを利用することができました。通常の競争要素に加えて、6000ユーロの賞金が用意されており、参加者のモチベーションを高めることができました。

#VastMappingは、GalileoとFLAMINGOの高精度な位置情報を利用して、リアルタイムのコンピュータビジョンで資産のマッピングと管理を可能にするアプリを開発し、第1トラックの優勝者となりました。このアプリは、建設現場での支出を最適化する可能性を秘めています。もう一つの課題の一等賞は、検証済みの位置情報署名サービスアプリを開発したClaimRチームが受賞しました。ユーザーの位置を正確に特定できるこのソリューションは、偽の位置情報を提供しようとする悪意のある試みからの保護ツールとして有用なものになる可能性があります。

詳細はコチラ

Other news
Other news
20 / 10 / 2020
待望のGNSSユーザ技術レポート第3号が遂にリリースされました!
READ MORE
Other news
12 / 10 / 2020
アフリカでも遂に独自のSBASシステムが運用開始
READ MORE
European News
25 / 09 / 2020
英国NSL社の吸収合併をスペインGMV社が発表
READ MORE
09 / 04 / 2020
GNSS.asiaイノベーションブログが遂に始まりました
READ MORE